トップページ > 心臓血管外科・循環器科 > 心疾患について

 

脳疾患について

心不全

主な検査   心臓エコー検査
BNPの迅速検査
治療   マスク型陽圧呼吸補助装置
IABP

不整脈

主な検査   4時間心電図
(ホルター心電図)
治療   人工ペースメーカー

 基本的には、まず原因となる心臓病があればそれを治療することと、不整脈そのものに対する治療となります。原因である心臓病例えば心臓弁膜症、心筋梗塞等があればまず、その治療を行ない、同時に不整脈に対する治療を行なうことになります。治療の方法としては、薬によるもの、ペースメーカーによるもの、カテーテルによるもの、さらには手術によるものがあります。

心臓弁膜症

主な検査   心臓エコー検査
心臓カテーテル検査
治療   人工弁置換手術

狭心症

主な検査   マルチデテクトCT
トレッドミル負荷心電図
心臓カテーテル検査
治療   冠動脈形成手術
冠動脈バイパス手術

高血圧症

主な検査   二次性高血圧診断(血液検査、CT、MRI)
四肢動脈圧同時測定による動脈硬化測定
頸動脈エコー検査
治療   薬物療法
非薬物療法

 薬物療法のみでは動脈硬化の進行を十分に抑えることはできません。食事や運動、飲酒、喫煙、ストレスなどの生活習慣は、高血圧症のみならず、高脂血症や肥満などほかの動脈硬化の危険因子にも大きく影響しますので、生活習慣の見直しが非常に大切です。

腹部大動脈効果および下肢動脈硬化

主な検査   CT検査
MRI検査
ABI検査
治療   人工血管置換手術
動脈形成手術
バイパス手術

プライバシーポリシー  アクセスマップ  お問い合わせ リンク

 

Copyright Ishioka Cardiology and Neurosurgery Hospital