トップページ > 脳疾患について > 脳内出血

 

脳疾患について

脳内出血

 脳卒中とは、脳血管の突然の変化によって脳の症状が突然出現する病気の総称で脳梗塞、くも膜下出血、脳内出血が含まれます。脳梗塞は脳の血管がつまる病気、くも膜下出血と脳内出血は脳血管が破れる病気です。脳卒中の危険因子には、高血圧症、糖尿病、高脂血症、喫煙、心臓病の一部、アルコールの飲み過ぎなどが、科学的に確認されており、特に脳内出血は、高血圧との関係は深く、注意が必要です。

症状
 脳出血は被殻、視床、皮質下、小脳、脳幹などの様々な部位に起こります。症状は出血した部位によって違い、多くは手足の運動麻痺、手足の感覚障害、しゃべりにくさなどの症状、強いめまいや吐き気、バランスの症状、出血が多いと意識が悪くなるなどの症状が現れます。

原因
 最も多い原因は高血圧によるものです。長年の高血圧症によって脳の深部を栄養する小動脈に動脈硬化が進行します。次第にしなやかさを欠き、血圧の変動に耐えられなくなった血管が、血圧が上昇した際に破れて出血すると考えられています。高血圧性脳内出血と呼びます。出血量が多くなると意識レベルの悪化が起こり、生命の危険を伴うこともあります。
 次いで多い原因としては、脳血管の異常が挙げられます。生まれつきの異常による脳動静脈奇形(のうどうじょうみゃくきけい)や海綿状血管腫(かいめんじょうけっかんしゅ)、硬膜動静脈瘻(こうまくどうじょうみゃくろう)と呼ばれる病気があり、高血圧性と比べ、若い人に起こることが多いようです。大きさや発生部位は様々であり、脳内出血になる場合やくも膜下出血になる場合があります。

治療
 少量の場合は、血圧のコントロールを中心に保存的治療を行います。血腫除去が必要な場合は開頭して血腫を除去する方法(開頭血腫除去術、図1)、CTにて脳内血腫の部位を測定して、穿頭(頭蓋骨に穴を設けて)して血腫を吸引除去する方法(定位的脳内血腫除去、図2・図3)があります。当院では患者さんの状態、血腫量、部位などを考慮して、治療方針を決定しています。

図1:当院での開頭血腫除去術の写真(術前、術後)

図2-1:定位的脳内血腫除去術の写真

 
     
図2-2:頭部に金属のフレームを装着後、頭部CTを基に血腫の位置を測定   図2-3:頭部に穿頭(穴を開ける)して、血腫を吸引している。

図3:左は術前、右は術後、矢印の血腫が消失しています。

 

>>くも膜下出血  >>未破裂脳動脈瘤  >>脳内出血 

>>脳梗塞  >>頸動脈狭窄症  >>脊椎脊髄疾患

>>脳動静脈奇形 >>髄膜腫 >>片側顔面痙攣 >>下垂体腺腫

 

 

▲上に戻る

プライバシーポリシー  アクセスマップ  お問い合わせ リンク

Copyright Ishioka Cardiology and Neurosurgery Hospital